婚活パーティーは大人数と少人数だとどちらが良い?

婚活パーティーは大人数と少人数でどちらもそれぞれメリットやデメリットがあります。

大人数の参加型では100人以上の規模の参加者がいるため幅広い年代や価値観に触れることができるといったメリットがあります。

またこれだけの人数が参加するとなると参加者の条件は緩やかになるため積極的に参加しやすくなります。

開催時間も2~3時間としっかりと長い時間開催されていますので気になる異性がいる場合にはアタックできるチャンスは多くなります。

しかしデメリットとしては参加者が多いため立食形式で進行されていくことが多く、長時間立ちっぱなしの状態が続きます。

また参加者に対して十分にスタッフがフォローすることができないこともあるため、あまり自分から積極的に会話できない参加者にとっては頑張りどころです。

一方少人数制の場合は20~30人程度であるためゆっくりとした時間のなかでと異性と会話を楽しむことができます。

また参加条件が限定された婚活パーティーが多いため自分の趣味や価値観に合う人を探しやすいといったメリットがあります。

一方デメリットとしては参加者が少ないぶん気になる異性がいないといったことがあります。

このようにどのような目的や異性に出会いたいかでどちらの婚活パーティーに参加するのか決定するとよいでしょう。

コメントは受け付けていません。