婚活サイトの本人証明は偽証してもバレない?

婚活サイトの本人証明は偽証してもバレないことはあるようです。例えば、家族や友達の身分証明書のコピーをアップロードしても、それだけでは偽証していることはわかりません。

もちろん、普通は家族や友達であっても身分証明書のコピーは簡単には渡してくれないでしょう。また、他人の身分証明書を勝手に使用することは不法行為なので、止めておくべきです。

免許証の写真の一部(生年月日など)をうまく加工してアップロードした場合でも、婚活サイトのチェックが緩ければ、そのまま通ってしまうこともあるようです。

しかし、真剣に結婚相手を探している相手に対して嘘をついていたことがバレると、後でトラブルに発展してしまう可能性があります。年齢を2歳くらいサバを読んでいたくらいなら損害賠償を請求されるようなことはないと思われますが、絶対にないとは言い切れないので、嘘は付かないほうがいいのです。

生年月日を偽りたいケースとしては、20歳以上という条件がついているが、19歳なので登録ができないというケースなどがあると思います。無理をして登録をせず、年齢条件を満たすようになるのを待ちましょう。

信頼ができる婚活サイトならば、本人証明はしっかりとしているはずなので、基本的には偽証をすることはできません。偽証をしてもあっさりと通ってしまうような会社は、むしろ信用に欠ける部分があるので、利用を控えたほうがよろしいかと思います。

コメントは受け付けていません。